地域子育て支援拠点について

「地域子育て支援拠点いっぽ」とは・・・

「地域子育て支援拠点」は、横浜市が設置している未就学児とその親、また子育て支援をする人のための施設で、市内各区にあります。運営は、区との協働事業としてNPO法人等が行っています。地域子育て支援事業は児童福祉法に位置づけられた第2種社会福祉事業です。
「いっぽ」は緑区の地域子育支援拠点として、平成19年3月に開所しました。

横浜市こども青少年局 地域子育て支援拠点ホームページ

「地域子育て支援拠点」の機能

地域子育て支援拠点には、7つの機能があります。

子育て家庭のために

  1. 親子のひろば
    乳幼児とその親が自由に来て過ごせるひろばをつくります。子どもを遊ばせながら親同士交流することができます。
  2. 子育て相談
    子育ての不安や悩みを相談できる場を提供します。専門の先生(助産師、栄養士、歯科衛生士等)による相談だけでなく、スタッフや、利用者同士で話すなかで、不安が解消できるよう環境を整えます。
  3. 子育て情報の提供・収集・発信
    緑区内を中心に、子育て情報、子育て支援情報を提供しています。ひろば内の情報コ―ナーでのチラシの掲示や、毎月発行の通信、ホームページなどでの情報発信を行っています。
  4. 「横浜子育てサポートシステム」緑区支部の運営
    「横浜子育てサポートシステム」の緑区支部事務局として、地域の預かり合いのコーディネート等を行います。
    横浜子育てサポートシステム紹介ページ
    子育てサポートシステム紹介ページ
  5. 利用者支援
    専任スタッフ「横浜子育てパートナー」が、いっぽにいます。「ちょっと聞いて」「知りたいな」「困ったわ…」など、あなたの悩みや気持ちを聴かせてください。いろいろな情報を一緒にお探しします。
    子育てパートナー専用ダイヤル
    電話 045-272-5643
    子育てパートナー紹介ページ

子育て支援者のために

  1. ネットワーク作り
    子育て支援者同士のネットワーク、子育て中の親のネットワーク、支援者と当事者を結ぶネットワークなど、子育て支援にかかわるもの同士のつながりを持つ場をつくります。
  2. 子育て支援に関わる人の人材育成
    これから子育て支援に関わる人や子育て支援を行っている人向けの講座や研修を行います。また、子育て中の親向けの子育て講演会や、講座なども行っています。
    子育て支援者向けのページ

平成30年度重点的に取組むこと

平成30年度、いっぽは今期運営受託期間(平成28~32年度)の中間事業評価を行います。平成28年度から2年間の事業を振返り今後の運営に活かせるよう、検討していきます。

いっぽ利用者アンケートの報告(平成30年1~3月実施)

「いっぽ」は、特定非営利活動法人グリーンママが緑区役所からの委託を受けて運営しています。

Copyright. © 2018 いっぽ All Rights Reserved